会社記念品を選ぶときは品質第一で

会社の記念品を選ぶときには、どういう記念のためのものであるとか、これまでのものと重ならないようにとか、そして予算との兼ね合いも考え、同時にどうしてもコストパフォーマンスが良いものというように考えることになります。

それはそれで大事なことですが、一番重きを置く必要があるのは品質第一であり、ここにウエイトを置かないと記念品が逆効果になる危険性があります。

高級品であればもちろんのこと、それほど値が張らないものであっても、万が一不良品が一つでも混在することになれば、会社のイメージは相当悪くなります。

壊れやすいものも同じことです。

どんなに見た目が良くても、一度使ったら壊れてしまったとか、その品物の本来の持ち味が全くでないというようなことでは、せっかくの記念品が記念に水を差すことになり、お渡しした相手先から、本業の商品やサービスに疑いがかかるということになってしまうのです。

そうなると挽回するのは容易なことでなくなってしまいます。